BandMewtwo(基本:幽々子。)のブログ

BandMewtwoです。キャラは完全崩壊で独自設定だらけです。自己満足が非常に多いので、そういうのが、イヤな人はブラウザバックを推奨します。

星石トレジャーズ 6話 ステージ1-2

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180510214343j:plain

 

 

bandmewtwoyuyuko.hatenablog.com

 

 

作者たちがスットンとりでに行った、その後…。

 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180602184907p:plain

パカラッパカラッ…。

ヒヒーン! 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180602184907p:plain

??「ん?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180602145032p:plain

??「うわぁ~!なんて美しいんだぁ~!」

パカラッパカラッ…。

 

??「あの!」

雛「え?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180602192341p:plain

??「私は、マタタビ王国の王子!是非、私の妻になってください。」

雛「え?えええええええええええ!?」 

 

雛は無理矢理、見知らぬ王子に連れてかれた。

 

パカラッパカラッ…。

王子「さぁ!着いたよ!ここが君の新しいお家!エレベーター付きの!景色が最高のお城だよ!」 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180602215448p:plain

お世話係「お帰りなさいませ。王子様。お姫様。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180311111747j:plain

リアルヘイホーw(メタ視点w)「コイツ、どう見てもペッ〇〇ッグだな!!!」

雛「嘘…!?私、お姫様になった覚えないのに…!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180602212228p:plain

王子「フフフ、君は今日から、お姫様さ。」

 

お世話係「まず、お姫様のお召し物から変えましょう!」

コトコトコト…。

お世話係「まずはお姫様の、ドレスでございます。」

 

 

替え中…。

 

 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180315094601j:plain

雛「どうかしら…?」

王子「素敵だよ。雛さん。」

お世話係「ええ、とてもお似合いです。」

雛「う、嬉しいわ。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180603121319p:plain

お世話係「はい。それじゃあ、お城の生活、私、お世話係として、よろしくお願いします。」

雛「よ、よろしく…。」

 

一方、作者たちは[あと、今回のゲストは…?]。

 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180530205904j:plain

マギアナ「太陽のカギと月のカギを集めれば良いようです。」

作者「早速、行こう。」

???×5「おい!ちょっと待てええエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!」 

マギアナ「!?なんでしょう?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180603153040j:plain

シジミ×5「クックックッ!我々はシジミ!リトルデーモン団と魔術団が手を組m」 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180402222455p:plain作者「…!」技:反復横跳びw

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180308210219j:plain

シジミA「話を最後まで聞けよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

シジミその他大勢「やめてくれええええええええええええええええええええええ!!!」 

マギアナ「二つのカギは私の方で入手しておきました。」 

作者「早いな…。よし、さっそく最初の怪しいところへの戻ろう。」

 

続く!