BandMewtwo(基本:幽々子。)のブログ

BandMewtwoです。キャラは完全崩壊で独自設定だらけです。自己満足が非常に多いので、そういうのが、イヤな人はブラウザバックを推奨します。

剣盾編 10話

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191127141818j:plain

 


【OFFICIAL】Shuta Sueyoshi feat. ISSA / Over “Quartzer”

 

bandmewtwoyuyuko.hatenablog.com

  

TIME10 道端でカレーを作る

 

[5番道路] 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191207090155p:plainユンド「バウタウン道のり長いなぁ…。」

すると、声をかけられた。

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191128075721j:plainマホイップ「あの~!みなさーん!カレー作りしませんか~?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191225175035p:plainかりり「やりまーす!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191220152031p:plainユマリ「かりり!?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191130191546p:plainウォズ「カレー…作ってみようか。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191214082604p:plainユンド「ジムバッジ取りに行きたいんだけどなぁ…。まぁ、カレー作りたいからいいよ!」

 

みんなで、カレーを作ることにした。

 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191127141818j:plainマホイップ「具材は私とマギアナ先輩が用意しますね。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20190706123541p:plainマギアナ「先輩言わないでください…。(汗)」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191127141818j:plainマホイップ「ではまず、焚火に向かって、あおいでください。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200111134140p:plain

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191220152031p:plainユマリ「え?あおぐ?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191214082811p:plainユンド「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191206134215p:plainかりり「そんな必死にあおがなくても…。」

火がちょうどいい火加減になった!

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180530205904j:plainマギアナ「次はカレーを混ぜてください。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200111134033j:plain

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200111163250j:plainウォズ「祝福の鬼がカレーを混ぜよう!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191206134215p:plainかりり「ウォズできるんだ…。(汗)」

混ぜたら、かなり出来上がってきた!

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180530205904j:plainマギアナ「最後は真心を込めてください!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191227110751p:plainかりり「私に任せて!!!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191220152031p:plainユマリ「…張り切ってるな…。(汗)」

かりりはたっぷり真心(物理)をカレーに込めた。

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180530205904j:plainf:id:bandmewtwoyuyuko:20191128075721j:plain

「おめでとうございます!完成です!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200111140829j:plain
カレーが完成すると、多くのキャラが集まってきた!

f:id:bandmewtwoyuyuko:20190808015232p:plainめすぷりっと「カレー、作ったのね。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180531132052p:plainギルガルド「なかなか美味そうじゃの。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180315211704p:plainナマコブシ「ぶっし…。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191212103303p:plainユキハミ「ハミィ…。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191212103317p:plainバチンウニ「うにぃ…。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180302081857p:plain幽々子「カレーちょうだい♪」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180302081859p:plain紫「カレーくださいな。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180315225115j:plainルイージ「これ、食ってもいいかな。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200113152556j:plain黒咲「ホントに美味いのか!?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191208174626p:plainユンド「よし、食べよう!」

「いただきます!!!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191225175014p:plainユマリ「悪くない味だな。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191225175035p:plainかりり「美味しい!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191127141818j:plainマホイップ「先輩。おいしさは5段階のうち、何段階ですか?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180530205904j:plainマギアナ「そうですね…今作ったカレーは、ダイオウドウ級だと思います。かなり美味しいです。」

 

すると、ウルトラスキマから誰かやってきた!

f:id:bandmewtwoyuyuko:20190905143729p:plainフェロ姉「カレーを2ついただけるかしら?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191128075721j:plainマホイップ「余ってるので、どうぞ〜!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20190913185918p:plainフェロ姉「ふふふ。ありがとう♪」

フェロ姉はカレーを2つ貰い、ウルトラスキマ使って去ってった。

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191214082604p:plainユンド「今の誰…!?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191130191546p:plainウォズ「私の推測だとフェローチェっぽい…けど、何かとてつもなく物静かな強さと美しさと洞察力…それと、優しさを感じたね。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20190808015232p:plainめすぷりっと「…。(確かにウォズの言ってることに間違いはないけど、メタそのものどころではない強さを感じるのは気のせいかしら…?)」

 

30分後…。

 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191208174626p:plainユンド「よし!美味しく食べたから、そろそろジムチャレンジしにいくよ!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180530205904j:plainマギアナ「頑張ってくださいませ。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191128075721j:plainマホイップ「頑張ってくださいませ~!」

ユンドたちは バウタウンへ向かった。

 

 

 

 

 

[ウルトラデザート]

f:id:bandmewtwoyuyuko:20190905143729p:plainフェロ姉「めすぷりっとさん…貴方の心は聞こえてます…。でも敢えて言わないわ…。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20190701082216p:plainプロメッサ「ママ!はやく、カレー食べたいよ!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20190909143014p:plainフェロ姉「今行くわ、プロメッサ!一緒に食べましょ!」←娘の時だけ、顔変わった

 

続く。

次回、バウスタジアムでジム戦!