BandMewtwo(基本:幽々子。)のブログ

BandMewtwoです。キャラは完全崩壊で独自設定だらけです。自己満足が非常に多いので、そういうのが、イヤな人はブラウザバックを推奨します。

剣盾編 13話

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191204174822p:plain

 


【OFFICIAL】Shuta Sueyoshi feat. ISSA / Over “Quartzer”

 

bandmewtwoyuyuko.hatenablog.com

 

TIME13 第二鉱山・絶世美女

 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200211135636j:plain

[第二鉱山]

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191219133304p:plainユンド「ガラル鉱山とは似た雰囲気だけど、なんか水辺とかあるね…」 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20180819203702j:plainユマリ「フン…」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191226170138j:plainウォズ「そういえば。かりりくんを見かけないね。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191214082604p:plainユンド「確かに居ない…」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200212180136j:plain???????「お探しの〜少女は〜ここかしら〜?」

かりり「ん〜!ん〜〜!!!」

ユマリ「かりり!」

かりりはアヌビスパトラによって、包帯で束縛されていた。

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200212180010j:plainアヌビスパトラ「この可愛い女の子〜性的にいぢめていいかしらぁ〜?♪」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191214082604p:plainユンド「その前にちょっといいかな。君さ、開会式に居た?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200215160615j:plainアヌビスパトラ「ええ、居ないわよ。妾はあの長い話を聞くのが、退屈なのよねぇ~…。」

かりり「よそ見し過ぎよ!!!」

アヌビスパトラ「!?」

かりりは包帯から自力で脱出した!?

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191220152031p:plainユマリ「すげえな…。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191226170138j:plainウォズ「…。」←なんも言えないw

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200214165235j:plainアヌビスパトラ「おのれ…!妾の包帯から自力で脱出できた者は非常に珍しいわね…!戦いなさい!」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191207090155p:plainユンド「え!?嘘でしょ!?戦うの!?」

VSアヌビスパトラ


【ポケモン剣盾 BGM】戦闘!マリィ Marnie Battle Theme【Pokemon Sword & Shield】

アヌビスパトラ「ほらほらほらぁ!」技:アヌビスグラビティー

ユンド「ぐぐぅ…!!!」

ユマリ「動きがかなり制限される…!」

ウォズ「かなり……厄介なことになったね…!!!」

かりり「ぬぬぬぬ…!!!」技:ファイズフォンX

バキューンッ!

アヌビスパトラ「ヌッ!?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20190517135112j:plain

アヌビスパトラ「おのれ…!!!ハッ!」技:アヌビスボール

かりり「う"あ"っ"!!!」

ユマリ「フンッ!」技:キワキワ撃ち

アヌビスパトラ「があっ!」

ウォズ「はっ!」技:タイムエクスプロージョン

かりり「う"り"ゃ"ぁ"ッ"!!!」技:ルミナスフラクター

f:id:bandmewtwoyuyuko:20190517135112j:plain

アヌビスパトラ「ぬう"ぅぅぅぅ…!!!つ…つよい…!ここは…退却ぅーーーー!」

アヌビスパトラは傷を負いながらも素早く去ってった…

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191206134123p:plainかりり「…。」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200207210019p:plainユマリ「なんで戦わなかったユンド…!!!敵に情けをかけるためだったのか!?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191214082604p:plainユンド「今の本当に戦う必要あったのかな…あの人の変態笑顔の裏になんか隠してる気がするんだよね…」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20191226163356j:plainウォズ「確かに、その可能性も否定できないね。」 

ユマリ「クッ…!」

ユマリは不満に思いつつも、皆と一緒に鉱山を出てエンジンシティへと向かっていった。

 

 

 

 

 

 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200209201853j:plain

鉱山内では謎の存在の一部が暗躍していた…。

 

続く。