BandMewtwo(基本:ゆかゆゆ。)のブログ

BandMewtwoです。キャラは完全崩壊で独自設定だらけです。自己満足が非常に多いので、そういうのが、イヤな人はブラウザバックを推奨します。

Princess Sage

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200926184328p:plain

 

短編コラボです。関係あるのか無いのかはお任せします。

yumemi902.hatenablog.com

 

 

 

紫(夢美)「アイテム袋を取りに行くわよー!」

歪みの影響なのか、別の場所に来てしまった。

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200928230651p:plain紫(夢美)「着いたっと…あれ?ここはどこ?」

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200823212942p:plainフェロ姉さん「いらっしゃいませ…《茶番ユニバース》へようこそ…私。」

紫(夢美)「へ?《茶番ユニバース》…?私が行きたかったのは消える前のキノコ王国なんだけど・・・てか、貴方はポケモンSMのウルトラビースト フェローチェよね?なんで"私"なのかしら」

フェロ姉さん「今はフェローチェとして存在しているからよ。」

紫(夢美)「へぇー…私と言う存在はウルトラビーストっぽいのにもいるのねー…」

フェロ姉さん「ところで…どういったご用でやってきたのかしら?プリンセスサージ?

紫(夢美)「何よ"姫賢者"って…私はそう言うと類のものじゃないわ。まあ、屋敷が幻想郷の外にあるけど」

フェロ姉さん「私の屋敷は…茶番ユニバースの外…とでも言っておこうかしら。」

紫(夢美)「やっぱり姿や気配は違えどやってることは本当に同じなのね、胡散臭いのは仕方ないとして」

フェロ姉さん「胡散臭いのは、貴方もでしょ?」

紫(夢美)「あら〜、言われちゃたわね。でも、貴方の前なら霞んでしまいそうだけども?」

フェロ姉さん「フフフフフ…♡」

紫(夢美)「………まあいいわ、私は早く行かなくちゃいけない所があるの・・・幻想郷の為にも」

フェロ姉さん「そう…行ってしまうの…なら、お目当てのこれを。」

紫(夢美)「ん?それは・・・?」

フェロ姉さん「貴方がお目当てのもの…アイテム袋…」

紫(夢美)「それが、彼のアイテム袋?随分使い古されているのね」

フェロ姉さん「この袋に何が入ってるのかは、あえて見なかったことにするわ。」

紫(夢美)「(一体ナニを見たのよ…)それでそのアイテム袋をどうするのよ?一応、知人の知り合いの物なんだけど?」

フェロ姉さん「一応、貴方に渡しておくわ。」

紫(夢美)「そ、そう・・・ありがとう?でいいのかしら」

フェロ姉さん「感謝の気持ちは忘れちゃ駄目よ…。」

紫(夢美)「そうね、感謝感謝・・・」

フェロ姉さん「何かと胡散臭いわよ…」

紫(夢美)「あら、私の感謝の気持ちは本物よー?」

フェロ姉さん「それなら良いんだけどね…」

紫(夢美)「まあでも、疑うのも無理は無いわね。基本的に胡散臭いもの」

フェロ姉さん「ところで、スキマの行き先を間違えてここに来てしまったのよね。これから、紫はどうするのかしら?」

紫(夢美)「無事にアイテム袋をゲットしたのだから、彼に返しに行かなくちゃね」

スキマを開こうとする

フェロ姉さん「健闘を祈っているわよ」

紫(夢美)「ええ、それに別の形として私が存在してるのも知れて良かったわ」

フェロ姉さん「じゃあね。暇が合ったら、いつでも来てもいいわよ…」

紫(夢美)「ええ、また機会があれば貴方とゆっくり話したいわね」

スキマが閉じた。

 

f:id:bandmewtwoyuyuko:20200716204032p:plain

フェロ姉さん「ウフ…♡」

Princess Sage、終わり。